•  

     

    醸す、テイク。かもしていく。

     

    東北 秋田には、冬の厳しい気候・風土の中で食料を蓄えるために生まれた「醸す」という食文化が根付いている。醸す元となる麹菌は、じっくりと長い年月をかけて「分解」と「合成」を繰り返し生成され、日本酒や味噌、醤油など様々な食材をつくる。

     

    「様々な素材を掛け合わせ、新しいものをつくる。」

     

    本学の「複合芸術」「領域横断」の可能性を醸造の過程になぞらえて、「カモステイク」というテーマを掲げた。

    私たちがそれぞれ醸しだした創造が、この展覧会を通じて何らかの変化や流れをもたらし、新たな交流や領域が展開されることを期待し、「卒業・修了研究作品展2019 カモステイク」を開催する。

     

     

     

  •  

    開催情報

     

    秋田公立美術大学卒業・修了研究作品展2019 カモステイク

     

    2019年2月15日(木)~2月19日(火)

    10:00~18:00(最終入館17:30まで)

    ※初日のみ開始時刻13:00から

    ※最終日のみ最終入館16:30まで

     

    入場無料

     

    会場1 秋田県立美術館 1階県民ギャラリー(〒010-0001 秋田市中通1丁目4-2)

    会場2 にぎわい交流館AU(〒010-0001 秋田県秋田市中通1丁目4-1)

     

     

  • イベント

    オープニングセレモニー

    会場:秋田市にぎわい交流館AU 1階 まち発見・発信ステーション

    ご来賓の方々と一緒に展覧会のオープニングをお祝いします。代表からの挨拶やささやかなパフォーマンスを予定しております。

     

    ギャラリーツアー 「カモス作品を見テイク」

    会場:秋田市にぎわい交流館AU・秋田県立美術館 各展示スペース

    秋田という地で醸された学生の作品を、本学教員2名を交えて鑑賞します。オープニングイベント後、にぎわい交流館AU・秋田県立美術館の双方を巡ります。お気軽にご参加下さい。

     

    認めテイク

    会場:秋田市にぎわい交流館AU 4階 研修室1

     

    「この日本は働いて金を使い果たす社会になっていないか」

    消費社会のような一般化している様々な事柄に対して活動している松本哉氏をお迎えし、多様化していく社会を認めていくことをテーマに学生とシンポジウム形式で対話しながら掘り下げていきます。

     

    松本哉 活動家

    1974年東京都生まれ。法政大学第二法学部政治学科終了。東京都杉並区高円寺のリサイクルショップ「素人の乱5号店」をはじめ「マヌケゲストハウス」「なんとかBAR」を運営。日本の消費社会に疑問を持ち、独自のデモ活動などを行っている。現在は海外のオルタナティブスペースとの交流をメインに活動。 主な著書『貧乏人の逆襲!タダで生きる方法』筑摩書房2008 978-4480877925

     

     

    プロとして生きテイク

    会場:秋田市にぎわい交流館AU 4階 研修室1

     

    大手広告会社博報堂アートディレクターの岡室健氏をゲストにお迎えし、トークショーを行います。本学の水田圭准教授と学生を交えて、クリエイティブのプロが仕事で大切にしていることなどを聞いていきます。

     

    岡室健 アートディレクター

    大東京芸術大学デザイン科卒業、大学院視覚伝達演出研究室修了、2006年に博報堂入社。HAKUHODODESIGN配属。現在MDBI局勤務。東京芸術大学デザイン科、多摩美術大学統合デザイン学科講師。東京ADC賞、JAGDA新人賞、JAGDA賞、TDC準グランプリなど受賞多数。またADC、JAGDA、TDCの会員を勤める。広告に新しい可能性を探るインキュベーション部に所属し、ミラノサローネやSXSWなど、新しいテクノロジーやデザインの可能性を探る活動を積極的に行っている。

     

     

    カモス茶会

    会場:秋田市にぎわい交流館AU 4階 研修室1

     

    哲学者であり、本学客員准教授の鞍田崇氏を囲んで、お茶会を開きます。ローカルスタンダードの視点から秋田についてや美術についてなど、様々なお話を聞いていきます。

     

    鞍田 崇 秋田公立美術大学客員准教授

    哲学者。1970年兵庫県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科修了。現在、明治大学理工学部准教授。近年は、ローカルスタンダードとインティマシーという視点から、現代社会の思想状況を問う。著作に『民藝のインティマシー「いとおしさ」をデザインする』(明治大学出版会 2015)など。民藝「案内人」としてNHK-Eテレ「趣味どきっ!私の好きな民藝」に出演(2018年放送)。

     

     

    発掘しテイク

    会場:秋田市にぎわい交流館AU 4階 研修室1

     

    2019年のヴェネチア・ビエンナーレ出品作家である下道基行氏と同じく出品作家である本学の石倉敏明准教授をお迎えし、トークを行います。本専攻が重きを置いているフィールドワークの展開、可能性について学生も交えながら探っていきます。フィールドから何を発掘し、どうアートに落とし込んでいるのか、現役アーティストの制作背景を聞ける貴重なチャンスです。

     

    下道基行 美術家

    1978年岡山生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。日本国内の戦争の遺構の現状を調査する「戦争のかたち」、祖父の遺した絵画と記憶を追う「日曜画家」、日本の国境の外側に残された日本の植民/侵略の遺構をさがす「torii」など、展覧会や書籍で発表を続けている。 フィールドワークをベースに、生活のなかに埋没して忘却されかけている物語や日常的な物事を、写真やイベント、インタビューなどの手法によって編集することで視覚化する。(HPより抜粋)

     

     

    アートでどうやって食べテイク?

    会場:秋田市にぎわい交流館AU 4階 研修室1

     

    「あなたは作品を『売った』ことある?」 今年の卒業研究制作展を題材に、現代のアートマーケットのあり方を学びます。

     

    飯田高誉 スクールデレック芸術社会学研究所所長

    フジテレビギャラリー(1980~90)にて草間彌生の展覧会企画及び活動歴のアーカイブ化を担う。東京大学総合研究博物館小石川分館「アート&サイエンス」部門キュレーターを経て、京都造形芸術大学国際藝術研究センター所長、慶應義塾大学グローバルセキュリティ講座講師、青森県立美術館美術統括監、森美術館理事を務めた。現在、スクールデレック美術社会学研究所所長。

     

     

  •  

    主催

     

    秋田公立美術大学卒業・修了研究作品展2019実行委員会/秋田公立美術大学

    お問い合わせ

     

    秋田公立美術大学 事務局 学生課 TEL:018-888-8105(平日8:30~17:15)